So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

カランコエの節間雑種 [flowers]

 カランコエをカランコエ節Kalanchoe、ブリオフィルム節Bryophyllum、キチンギア節Kitchingiaの3節に分けるか、キチンギア節をブリオフィルム節に含めて2節に分けるかで捉え方が異なるが、園芸品種を初め、自然交雑による交配種を含めても異なる節Section同士の交雑例は多くない。
 一般的に良く知られるのはテッサ‘Tessa’でブリオフィルム節の紅提灯Kalanchoe manginiiとキチンギア節のグラキリペスKalanchoe gracilipesの交配によりオランダで作出された。以前の記事で書いた様にこれはすぐれた品種で、花色が薄いとか暑さに弱いといった(あくまで園芸上の)欠点をなくしたロングセラーである。しかしキチンギア節をブリオフィルム節に含めるとした場合、これは異節間雑種intersectional hybridではなくなってしまう。

‘Tessa’ギリシャの女子の名だろうか
TessaIMG_6114.JPG

 もう1種知られるのはミラベラ‘Mirabella’で、こちらはKalanchoe blossfeldianaの品種×紅提灯と言われている。これならカランコエ節とブリオフィルム節の交配種ということになる。この根拠として引用されるのはthe German journal Gartenwelt 60 (11)の記事であるが、ミラベラはこの時作出された雑種そのものではなく、その後30年を経て花卉業界に現れたものだ。例によって米国大家が宣っている説なので、話半分にしておきたい。ちなみに前述のドイツ交配種のときに使用されたブロスフェルティアナの品種は‘Tom Thumb’である。
 もっと信頼できる情報として農水省の種苗登録の記録によれば、ミラベラは育成者がThomas Frankで、「この品種は,『マンギニー』に無名の品種を交配して育成されたもの」と記されている。こちらの方を信じて、ミラベラを異節間雑種の代表的なものと認識したい。似たようなタイプの交配種も同様である。
 それから我が国では殆ど見られないようだが、ドロシーという花ものカランコエもカランコエ節×ブリオフィルム節のようである。ブリオフィルム節の方の親はどれであろうか。。。

花も名も美しい‘Mirabella’
Mirabella P3140038.JPG

 私の好きな子宝草の仲間のブリオフィルム節では2008年に発表されたリュウキュウベンケイソウKalanchoe spathulata×ラクシフローラKalanchoe laxifloraの雑種があげられる(Izumikawa et.al.)。こちらはある意味純粋にカランコエ節×ブリオフィルム節で、マダガスカルの進化的なブリオフィルム節とアジアのカランコエ節という一見遠い存在で交配が成立し、貴重なデータが得られている。
リュウキュウベンケイソウが子房親となった場合、雑種株は両種の中間的な形質のものが約半数見られ、残りはリュウキュウベンケイソウと区別がつかなかった。それは交雑せずに自家受粉してしまった可能性がある。逆の交雑で得られた種子のうち、発芽したものはラクシフローラと区別がつかず、これも自家受粉が疑われる。
リュウキュウベンケイソウ×ラクシフローラの雑種はDNA量からも染色体数からも両種の交雑が確認され、形態形質こそ中間的であったが葉縁不定芽の形成は現れなかったとしている。

その後カランコエの交配が比較的盛んな台湾においてもKalanchoe blossfeldiana‘Isabella’とセイロンベンケイソウKalanchoe pinnataやウェンディ‘Wendy’との交配について論文が出ている(王 和朱, 2011)。こちらの結果も中間形質の雑種ができるが稔性はなく、セイロンベンケイソウとの雑種では不定芽形成形質はないという結果であった。
 更に後年作出されたガランビトウロウソウKalanchoe spathulata var. garambiensis×黒錦蝶Kalanchoe beauverdiiでも同様に不定芽形成が見られないことから、カランコエ節×ブリオフィルム節では不定芽形成能力が欠如するものと示唆される。
 この結果は若干寂しくもあるが、子宝草マニアを標榜する身としては、コレクション・アイテムが無限大に増加する可能性がないことに安堵感も覚えるのである。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

街角のカランコエ;旅先のスナップ編 [others]

 この時期はカランコエにとって不毛な事この上ない。自然とテンションも下がる季節である。
と言い訳しつつ、今回は街角で見たカランコエの写真を貼りつけるだけでお茶を濁したい。

仁川国際空港の植栽:花もの交配種
IMG_4597.JPG

IMG_4600.JPG

高雄市の街角にて
クローンコエK. laetivirensIMG_8298.JPG
IMG_8299.JPG

セイタカベンケイK. suarezensisIMG_8312.JPGIMG_8309.JPG


懇丁の民宿の庭にて
クローンコエK. laetivirensIMG_7948.JPG

ガランビトウロウソウK. garambiensis・・・植栽としては台湾でも珍しい光景IMG_7935.JPGIMG_7942.JPG


Tana市のガソリンスタンドにて
紅唐印K. luciae・・・こんな所でこんなものに出会うとは、何か皮肉だ
IMG_4307.JPGIMG_4308.JPG






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

木本性カランコエ写真集 [others]

 以前木本性カランコエのグループLanigeraeについては記事を書いたが、余り写真を載せなかったので、ここで一気に紹介したい。と言ってもそれなりに集めた写真なのでとても幼い株も多く、参考程度である。ヒルデブランティとブラクテアータについては、Rauh(1997)が多くの変種を記載しているが、怪しげなものもあり、ここでは各々glabraのみを載せる(というかそれしか写真がない)。
 また木本性種と言いつつも本当の木本性ではないかもしれないことは以前述べたとおりだが、見た目も木のようになるとは限らず、以前紹介したようにリニアリフォリアなどはある程度育つと自立するのも難しくなる。

オルギアリスKalanchoe orgyalis1 orgyalis.JPG

ブラクテアータKalanchoe bracteata2 bracteata.JPG

ブラクテアータKalanchoe bracteata var. glabra3 bracteata var. glabra.JPG

ヒルデブランティKalanchoe hildebrandtii4 hildebrandtii.JPG

ヒルデブランティKalanchoe hildebrandtii var. glabra5 hildebrandtii var. glabra.JPG

グランディディエリKalanchoe grandidieri6 grandidieri.JPG

リニアリフォリアKalanchoe linearifolia7 linearifolia.JPG

アルボレスケンスKalanchoe arborescens8 arborescens.JPG

ベハレンシスKalanchoe beharensis9 beharensis.JPG

ディンクラゲィKalanchoe dinklagei10 dinklagei.JPG

ミロティKalanchoe millotii11 millotii.JPG

ヴィギエリKalanchoe viguieri12 viguieri.JPG

フローランティアKalanchoe ×flaurantiaflaurantiaIMG_0160.JPG


タグ:木本性
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ベランダ温暖化の罠 [others]

 今年の夏は酷暑だった昨年に比して楽に感じた。しかし35℃を超える日が10日近く続いたときがあっため、我が家のカランコエはそれなりにダメージを受けた。それでも昨年のように貴重な種を完全に失わずには済んだ。
 そういうわけで冬もそれなりかと思いきや、11月から最低温度が1℃・最高9℃という1月並みの寒い日があり、12月上旬もそんな日が散発的にあったため、12月1週目から早々とベランダのフレームにビニールシートを3重に被せた。ところが12月上旬はまだ日差しが強く気温も12℃以上に上がる日があるので、重ねたビニールシートの間に不織布を挟んで日よけとした。

 このように策は講じていたものの今季の冬は9℃位の寒さから翌日一気に15℃に上がる、またはその逆といった激しさがあった。気温が上がったときはビニールのチャックを開けておいたりしてケアしていたのだが、たまたま家を空けていた12/14~15に気温が上がった上に晴天が続き、フレーム内が2日続けて高温に見まわれた。そして16日にビニールを開けたところ、惨劇の結果が待っていた。

完全死滅:シンセパラ×ディセクタ大株、ガランビトウロウソウ2株、マロモコトレンシス中株、ベハレンシス・ヌーダ数株、アルボレスケンス3株
深刻なダメージ:インテグリアフォリア、ラキニアータ、フローランティア、ヴィギエリ
比較的大きなダメージ:ラクシフローラ(産地情報株)、シンセパラ、テトラフィラ、ルベラ、コスタンティーニ、ボグネリ、テヌイフローラ

という辛いラインナップであった。
 何年か前に同じような失敗をしてその後気をつけてはいたが、出だしの寒かったこの冬に翻弄されて大きな犠牲を出してしまった。落胆すると同時に昨年と今年がこの趣味の絶頂期であったように感じた。これからは転落が始まる口火が切られたのかもしれない。そう思うと何か吹っ切れた気もした。
 これを機にコレクションに走ることなく、好きな種を育て情報を整理するなど地道な道に戻りたいと思う。好きな種が多すぎるのが曲者ではあるが。

不織布で対策してはいたがIMG_0838.JPG

結果は。。。。(以下は死滅株)
IMG_0842.JPGIMG_0855.JPGIMG_0841.JPG

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

着生種と匍匐性種 [others]

 昨今インテリアプランツは大流行していると言っても良く、インテリア雑貨の店にまで植物が溢れている。最近のトレンドは吊り鉢である。リプサリスやディスキディアなど、様々な垂れ下がる植物がオシャレと見なされているようだ。これらの植物をよく見ると、大別してつる性、着生、匍匐性の植物が使われている。

 さて、カランコエのうち吊り鉢で飾られるのは主として着生植物か、匍匐性との交配種である。具体的に言うと種としてはウニフローラKalanchoe unifloraとグラキリペスKalanchoe gracilipes、交配種はテッサやシャンデリアである。
 カランコエ属にはつる性種、着生種、匍匐性種ともに知られるが、つる性種は茎が間延びしているように見えるためか、吊り鉢で楽しまれることはない。もっとも黒錦蝶Kalanchoe beauverdii以外の種が一般的でないことも大きな要因かも知れない。私の知る限りつる性植物なのは黒錦蝶K. beauverdiiとその変種、ライジンゲリKalanchoe rechingeri、ポアンカレイKalanchoe poincarei、スキゾフィラKalanchoe schizophyllaの既知の4種と最近発見されたミニアータKalanchoe miniataの変種と思しきもの、それに南アフリカのナーセリーで見つかった謎のBryophyllumを含む6種のブリオフィルム節Bryophyllumと、木本性種と認識されているリニアリフォリアKalanchoe linearifoliaである。
 リニアリフォリアは木本性ではあるが、大きくなると自立しなくなる。小さな木を栽培していると成長が遅いので分からないが、自生地では他の木にまとわりつくようにして寄りかかって成長する。

他の木に依存して自立できないリニアリフォリアKalanchoe linearifolia
linealifoliaIMG_2931.JPG

 一方着生種としてはウニフローラ、グラキリペス、ポルフィロカリクスKalanchoe porphyrocalyxの3種が知られる。またミニアータの中には大きな樹木に着生して育つ変種もある。これらの植物は樹皮や岩肌に根を張ってへばりつきながら生活しているので、立体的な匍匐性といっても良いかも知れない。一見つる性のような姿で垂れ下がるグラキリペスとウニフローラは、形態的にも性質上も吊り鉢向きの植物と言える。

吊り鉢向きのウニフローラKalanchoe uniflora
'Phi Phi' IMG_7939.JPG

 これに対し、匍匐性の種は地面をはい回っているので、見た目は着生種のようだが性質はまるで違う。何も知らないで飾っておくとそれっぽく見えるが、本来グランドカバーのように地上性の植物が吊り鉢に入って空中に浮かんでいるさまは、どうしようもない違和感と気持ち悪さを覚えて個人的には受け入れられない。といいつつもこれは全く私的な感覚なので、他の方がどう楽しもうと異を唱えるつもりは全くない。
 匍匐性種としてはカランコエ節Kalanchoeの福兎耳Kalanchoe eriophyllaと2005年に新種記載されたKalanchoe pareikianaの他、ブリオフィルム節Bryophyllumでは紅提灯Kalanchoe manginii、ヨングマンシーKalanchoe jongmansii、レブマニィKalanchoe rebmanniiがあげられる。このうち紅提灯はよく交配種の種親として使われ、テッサやミラベラ、ゼベディ等も匍匐性の特徴が表れている。

鉢から溢れて逃げ出すヨングマンシーKalanchoe jongmansii
jongmansii ssp. jongmansiiIMG_9215.JPG

 かように似たような形態の植物でも、生態や生育環境は違うので注意したい。この手の植物はなかなか魅力的なものが多いように思う。家の中でそれっぽく飾ると家族の視線から厳しさが消えるので、個人的な安堵感も覚えている。いっその事、匍匐性も吊鉢にしてしまおうかという誘惑にもかられている今日この頃である。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -